笠間の暮らし・文化・観光・農業 etc。
みんなで発言する、発信する、
Craft Council(クラフト・カウンシル)。

稲田神社 稲田姫 出雲の神々の古社

DATE:2019.12.10

NAME:currywinwin

稲田姫をお祀りする稲田神社を訪ねてみました。冷たい風が吹く秋の午後。

稲田の土地勘が無いものでナビ頼り、鳥居を探していたのですが…着いたところは参道と階段を上った先の社殿脇の広場でした。

人の気配はありません。
まず目に入ってきたのは境内にある御神木、椎の大木です。樹勢が素晴らしく幹は太く葉が青々と繁っています。

拝殿、本殿共に堂々として風格があります。二度焼失していて1848年に再建されたのが現在の社殿です。

創建の時期は不詳ですが、平安の延喜式神名帳に名神大社とされている格式高い古社です。また稲田姫が主祭神となっているのは全国で二社だけとか。縁結びの神,安産の神,子育の神,頭・目・手・足の神として信仰されています。

ヤマタノオロチから逃げるとき稲田姫がお茶の木の根に足を取られ、松の葉で目を痛められたお話が伝わっていて、氏子のお宅では茶と松は植えず、お茶を飲まないという風習が残っているそうです。

車を停めた広場の奥からは稲田の町を一望できました。


所在地 茨城県笠間市稲田763
アクセス
電車 JR水戸線稲田駅下車,徒歩約15分
車 北関東自動車道笠間西IC下車,国道50号を水戸方面へ約5分

位置情報

マップを拡大してみる

同じカテゴリの記事

仙境異聞 寅吉くんの話 愛宕山飯綱神社

愛宕神社の裏手を上がると飯綱神社があり、社殿の後ろに六角堂があります。 奥には十三天狗の祠。 平田篤胤『仙境異聞』天狗にさらわれた少年 寅吉くんのお話、はじまりはじまり。

滝入不動尊 イノシシの天国

民話や伝承からインスピレーションを受け制作をされている陶芸家の高橋協子さん。ある日、光輝く『滝入不動尊』のお写真を見せていただきました。まるでジブリの世界、早速行ってみました。

天狗にさらわれた少年 寅吉くんのそ・の・後②

寅吉くんの晩年のお話が続きます。 雲間から時おり日が差して、十三天狗の祠が明るく輝きます。 野鳥が沢山集まってきて、さえずりがとても賑やか。 お話を聞きにきたのかな。

酒造りを変えたある機械の伝来とは? 磯蔵酒造

蔵内の照明や建物の採光も雰囲気があっていい感じなんです。

十三天狗とは?

天狗を訪ねる旅もそろそろ終盤。 このお話の後は愛宕神社から下りて滝入不動尊に立ち寄り、高橋協子さんのアトリエにお邪魔して解散となりました。 あ~今日は天狗で頭がいっぱいだぁ~ 野鳥がさえずり、天狗さんが飛び回り、イノシシが踊る、愛宕山界隈なんとも賑やかなところです。

愛宕神社 悪態まつりの話

愛宕山の麓、悪態まつりのスタート地点でお話を聞いてから、愛宕神社に向かいます。

愛宕神社 天狗伝説の杜

ある日、退屈した仔猫神が目をうるうるさせて(どこか行きたいにゃん。)と言います。 日が暮れる前に行けるぱわすぽ…愛宕山に行くことにしました。 山頂付近まで一気に車で上がります。

櫻花開花了

春天到來日本櫻花開始盛開中,受到肺炎疫情的影響觀光人數大減,趁茨城縣尚未發佈假日外出自我管理令前欣賞櫻花一下,也分享給大家欣賞。