笠間の暮らし・文化・観光・農業 etc。
みんなで発言する、発信する、
Craft Council(クラフト・カウンシル)。

師走の門前通り お稲荷さんそぞろ歩き

DATE:2019.12.25

NAME:currywinwin

師走の門前通り、今日はひっそり。
でも、お稲荷さんではお正月の準備が始まっていて一年で一番賑やかな時を迎える緊張感も感じられます。そば処つたやさんであつあつの鴨南そばを食べた後、門前界隈をそぞろ歩きしました。

仲見世にはぴかぴかの神棚グッズやお土産やさんが並んでいます。
高校生のとき友達と仲見世のお正月バイトをしたこと、仲見世裏にあったお蕎麦屋さんの子と中学校に登校した日々、思い出がシンクロしてきます。
参道脇、境内のあちこちに神使の狐さんがいます。それぞれ表情があって何か語りかけてくるような面持ちです。お気に入りのお狐さんを見つけるのも楽しいですね。

笠間稲荷神社は日本三大稲荷の一つ。
創建は白雉2年(651)と伝えられ、御祭神はウカノミタマノカミです。商売繁盛、五穀豊穣の女神様。スサノオノミコトとカムオオイチヒメ(稲田姫の後の奥さん)の子供です。
拝殿の右には常陸七福神の大黒天が祀られています。御朱印も二種いただけます。
本殿、手水舎、総門など歴史的建造物があり見事な細工が見られます。

創建時は胡桃の木の生い茂る中、大樹の下に大神様が祀られていたので「胡桃下稲荷」(クルミガシタイナリ)と呼ばれるようになったとか。
今でも40本以上の胡桃の木があって、この辺りは自生北限にあたるそうです。
そういえば子供のころ胡桃の実を拾って帰って、親に割ってもらって食べたことがありました。

鳥居を出ると目の前は御神酒を醸造されている老舗の酒蔵、笹目宗兵衛商店さん。こちらは甘酒もとっても美味しいんです、店頭販売のあたたか~い甘酒、素通りはできません。

お正月迄あと一週間。
本殿裏には狐塚があって道を渡ると笠間稲荷美術館や広いお休み処があります。初詣の人混みや喧騒から離れて一息付きたい時には、おすすめの穴場スポットです。


所在地 茨城県笠間市笠間1

■アクセス
電車・バスでは
JR水戸線「笠間駅」よりバス約5分
車では 北関東自動車道友部ICから約15分

位置情報

マップを拡大してみる

同じカテゴリの記事

仔猫神 loveりぃあるばむ

仔猫神がやってきた。

滝入不動尊 イノシシの天国

民話や伝承からインスピレーションを受け制作をされている陶芸家の高橋協子さん。ある日、光輝く『滝入不動尊』のお写真を見せていただきました。まるでジブリの世界、早速行ってみました。

奥の院 稲田姫伝説の好井

稲田神社の奥の院にやってきました。 神社から少し離れた山中にあります。専用駐車場はありませんが、奥の院をお守りされているお宅のご配慮で駐車できる旨のご案内があります。 稲田姫の別名は奇稲田姫クシナダヒメ。ヤマタノオロチ退治のお話で有名なスサノオノミコトの奥さんです。

有賀神社 狛犬さんはケンケン似!?

仔猫神の生みの親、陶立体作家の田崎太郎さんは楽しいことが大好き。 「有賀神社にはケンケン似の狛犬がいますよ」との情報をいただいたので、仔猫神と早速行ってみました。 時は夕暮れ、人の気配はありません。 日中の暑さが落ち着いた参道を進み、境内への階段をワクワクしながら上がっていくと、いますいます、狛犬さん。

日本繪馬

「繪馬(絵馬:えま)」英文羅馬拼音寫作「EMA」。是為了祈願或還願而向神社獻納的帶有繪畫的木製匾額。 現在主要是為了讓願望可以傳達給神而把願望寫在繪畫的木製匾額上面。 繪馬(えま)的由來:在日本遠古時代,馬被視為神的坐騎而備受重視,古代的日本人去神社以活馬來供奉表示自己的虔誠。(現在有「神廄殿」,實際有供養馬的神社還是存在)但馬匹太大,數量一多不僅占空間對神職人員也很麻煩,信徒也很難準備昂貴的馬匹;漸漸發展成為用木、土或金屬類的材質做成與活馬一樣大小的樣品,代替活馬來供奉。現時代繪馬逐漸縮小,圖案也不拘泥於馬,也會畫上歷史故事或該神社的神明等等。

酒にしめ縄ってなんぞや? 磯蔵酒造

仔猫神の生みの親、陶立体作家の田崎太郎さんは「磯蔵酒造はパワースポットだと思います。」と楽しそうにおっしゃる。 密かに五代目蔵主の磯貴太さんのお顔(眉毛と目の辺り)がパワスポめいていると思っていたので、後押しをいただいた感じで恐るおそる行ってみました。 仔猫神と「てくてく」ライターのmkさんも一緒です。 磯蔵酒造は江戸末期から続く酒蔵。門にはキュートな狛犬さん。 『酒は人ありき。』をモットーに『米の味と香りのするライスィーなお酒』を目指して酒造りをされています。

稲田禅房 西念寺 親鸞聖人縁の古刹

国道50号のすぐ脇にある西念寺、境内に入ると往来の喧騒はどこへやら、不思議なほど静か。 長い参道を進み、鎌倉~室町の創建と云われる茅葺きの山門をくぐると、荘厳な本堂とイチョウの大樹が見えてきます。

天狗にさらわれた少年 寅吉くんのそ・の・後②

寅吉くんの晩年のお話が続きます。 雲間から時おり日が差して、十三天狗の祠が明るく輝きます。 野鳥が沢山集まってきて、さえずりがとても賑やか。 お話を聞きにきたのかな。