笠間の暮らし・文化・観光・農業 etc。
みんなで発言する、発信する、
Craft Council(クラフト・カウンシル)。

工房前の映えスポット?!

DATE:2021.05.05

NAME:ak

笠間工芸の丘の体験工房入口です。
お客様をお出迎えしている多肉植物の寄せ植えは、スタッフの力作です。
思わず足を止めて見入ってしまう方続出。
工房内にも、可愛らしい寄せ植えが飾られています。

ハリネズミの親子。
器もスタッフの作品です。
ハリネズミのお母さんは、手ひねり体験用粘土700gで製作可能。
これも多肉植物。
ユニークな表情に癒されます。
5月になると、市内のあちこちで見かける紫蘭の花です。
赤紫色の花が鮮やかで綺麗。
こちらも入口の検温器の足元に飾られています。

位置情報

マップを拡大してみる

同じカテゴリの記事

食と土地への愛が溢れる「そば家 和味」

今日のてくてくは… 「そば家 和味(なごみ)」さん。 江戸末期から続く酒蔵「磯蔵酒造」さんを取材した帰りにこちらへ寄りました。 磯蔵酒造さんへの取材の様子は、このブログのカテゴリー「パワースポット散策」の中に詳しく有りますので、そちらもぜひご覧下さい! お店に着いたら、先ずは周辺をてくてく歩いてみます。 緑に囲まれた、豊かな自然があふれる場所です。 訪れたのは10月中旬頃。 ちょうど柿が重そうに実っている時期でした。

南吉原オープンギャラリー①

今日のてくてくは… 9月21日(土)、22日(日)に開催された「南吉原オープンギャラリー」。 サブタイトルに「里山の工房をめぐる宝探し」とあります。 もうこれだけでワクワクが止まりませんね! 笠間焼、織り物、染色、アルミや鉄のオブジェ等々、素敵な作品の他に、それらを作る個性的な作家さん達、そして素敵なカフェのオーナーさん達にも出逢えました♪

南吉原オープンギャラリー②

今日のてくてくは… 前回の続き、南吉原オープンギャラリーです。 このシリーズはちょっと長くなりますが、どうかお付き合い下さい。 次に向かったのは、花cafeさん。 静かな大人空間のカフェです。 素敵なお庭を眺めながら、ゆっくりのんびり過ごしたい場所。 行ってみると分かりますが、時間が止まっているような、不思議な感覚になる場所です。

ホクホク甘〜い焼き栗はいかが?

秋の笠間は楽しみがいっぱい! 芸術も食も楽しめます。 先ずは笠間の栗。 笠間工芸の丘では、土日祝日に焼き栗を販売しています。 大きくてとっても甘〜い焼き栗は、あつあつの内にぜひ食べてみてくださいね!

南吉原オープンギャラリー③

今日のてくてくは… 南吉原オープンギャラリーをご紹介するシリーズ3回目。 ここまでにビーズラリーのパーツも色々と集まって来ました。 かなりの重量感です。 すれ違う人達と、「どのくらい集まりました?」という会話が生まれるのも楽しい♪ 先ずは藤原里子さんの工房。 看板には「ピザ」の文字がありました。

笠間はKAWAII「手づくり雑貨と貸haco屋ねことひだまり」

今日のてくてくは… 「手づくり雑貨と貸haco屋ねことひだまり」さん。 ハンドメイド作品の委託販売を請け負っている雑貨屋さんです。 オーナーさんご自身も作家さん。 陶芸を始めとしたアートの街でもある笠間周辺では、クラフトイベントも多く開催されています。 個人やグループで活動しているハンドメイド作家さんも沢山いらっしゃいます。 カフェやレストランへ行くと、店内で色々な作家さんの作品が展示販売されている確率高し! 前回に引き続きご紹介する笠間のKAWAIIスポットの一つである、この「ねことひだまり」さんは、小さな空間にビッシリと可愛い作品達が並んでいます(^^)♪ なかなかイベントに足を運ぶ事が出来ない方、ここで欲しい物に出会えるかもしれませんよ^_−☆ 入口を入って直ぐ目の前に置いてあるレトロな足踏みミシン。 子どもの頃、普通に家に有りましたが、今はお洒落なディスプレーの一つとして無くてはならないアイテムなのですね!

笠間工芸の丘の春

今日はあいにくの雨で、桜は散ってしまったかもしれません。 2〜3日前の様子です。 笠間工芸の丘周辺は桜に囲まれており、3月下旬頃には辺り一面ピンク色に染まります。 中庭ではパンジーやビオラなどの春の花が見頃を迎えています。 工房も花を飾って、陶芸体験に来られるお客様をお迎えしています。

笠間はKAWAII 「洋菓子店 パンプルティンク」

今日のてくてくは… 笠間のKAWAIIスポット、洋菓子店「パンプルティンク」さんです。 「ゆめかわいい」という言葉を最近覚えました。 夢のように可愛い♡とか、ファンシー(古い…)とか、そういった意味から出来た言葉なのでしょうか?! パステルなレインボーカラーやユニコーンがイメージのようです。 昭和に小学生時代を過ごした私にとって「ゆめかわいい」世界と言えば、サンリオのキキララのイメージ。 余談ですが… このブログは英語でも紹介される予定なのですが、この文章がどうやって自動翻訳されるのか、そちらが気になります。 ちゃんとニュアンスは伝わるのでしょうか? ぜひこのまま「YUME KAWAII」と紹介して頂きたいのですが。 (自分でやれ?) それはさておき、 看板を見ると、ゆめかわいい世界が広がり始めます♪ 中へ入ると…