笠間の暮らし・文化・観光・農業 etc。
みんなで発言する、発信する、
Craft Council(クラフト・カウンシル)。

南吉原オープンギャラリー①

DATE:2019.12.12

NAME:Yuzu

今日のてくてくは…

9月21日(土)、22日(日)に開催された「南吉原オープンギャラリー」。
サブタイトルに「里山の工房をめぐる宝探し」とあります。
もうこれだけでワクワクが止まりませんね!

笠間焼、織り物、染色、アルミや鉄のオブジェ等々、素敵な作品の他に、それらを作る個性的な作家さん達、そして素敵なカフェのオーナーさん達にも出逢えました♪

里山に入って最初に訪れたのは、ともしび博士の森田 努さんの工房。
猫さまに警戒されながら近付くと…
ともしび博士から生まれた子達が整然と並んでおります(^^i)
独特の表情…
ずっと見ていると目が離せなくなってしまう、不思議な魅力があります。
南吉原のオープンギャラリーではビーズラリーというのもやっていて、参加している作家さん達オリジナルのパーツを集めて歩く、という楽しみもあります。
こちらでは、鍵の形のパーツを頂きました♪
次に訪れたのは、ベランダカフェの佐宗裕子さん。
お客様たちが、素敵に染め上げられた布小物に夢中になっております。
私は作家さんの胸についた魚のブローチが気になります。

作家さんイチオシは猫?ウサギ?…森の妖精のような置き物です。
この里山に本当に住んでいそう。

作家さんと暫しおしゃべりをしていましたら、今回特別に仕事場を見せて頂く事になりました。
先ず目に飛び込んで来たのは、6畳間?の半分以上を占領しているはた織り機!…と窓際の恐竜!
はた織り機はスウェーデン製で、左右腕を伸ばしても端に届かないくらい大きいです(゚o゚;;
タペストリーを織るそうですよ。
糸が色鮮やかで美しい!
周辺は大きな木に囲まれていて、外の騒音は何も聞こえません。
夜になると真っ暗だろうな…
虫がいっぱいいそうだな…
と、マイナスな事を考えてしまいます。

でも直後に、夜が暗ければきっと星がとても綺麗に見えるだろうし、虫の声も心地良い音楽になるのだろうなと、思い至ります。

ずっと住んでいるとそれも当たり前の景色になって、敢えて意識しないほど生活の中に溶け込んでいくのかもしれません。
それはとても幸せな事だと思います。

色々と考え込みながら次の現場へ…


「南吉原オープンギャラリー②」へ続きます!

位置情報

マップを拡大してみる

同じカテゴリの記事

カフェ「海のふた」で元気と幸せをもらう

今日のてくてくは… カフェ「海のふた」で出会った素敵なオーナーさんと、これまた素敵な作家さんの作品達をご紹介します! お店に入る前に、先ずは周辺を少しお散歩。 訪問したのは10月の頭でしたが、気温は29度(;´Д`A 景色は秋ですが、光は「夏」というおかしな写真が撮れました。

てくてく散歩道の約束事

茨城県笠間市とその周辺地域の「魅力」「いいところ」を発見し、ご紹介していくこのコーナー♪ 地元民によるちょっと違った視点で、ガイドに載っていないもう少し細かい所や、小さ過ぎて見逃してしまいそうな所を中心にご紹介して行こうと思います! 目的地までサッと車で行くのは簡単。 少し手前で降りて、周辺をてくてくお散歩してみませんか? ゆっくりペースでないと発見できない、小さくてドキドキする「魅力的なもの」がそこにはあるかもしれませんよ(^^) 「てくてく散歩道の約束事」 1. 目的地へ着いたら、必ず周辺を歩いて(或いは自転車で)散策してみる。 2. 笠間とその周辺地域の「いいところ」を発見する。 3. 歩くことを楽しむ。とにかく楽しむ! 笠間とその周辺地域の魅力は、観光サイトやガイドブックに載っている画像からちょっと外れた所にもあります(^_−)−☆

日本櫻花開始凋謝中

下班途中發現美麗的粉紅色地毯,今年日本櫻花因為受到肺炎疫情的影響觀光人數大減,感覺櫻花也正在寂寞凋謝中,希望肺炎疫情快㸃結束。

發現好吃的幸福糯米丸子

在笠間神社散歩途中,發現了ー間復古風的店,2樓有回憶日本小學上課教室,1樓入ロ有販售幸福糯米丸子,在此分享給大家。

南吉原オープンギャラリー②

今日のてくてくは… 前回の続き、南吉原オープンギャラリーです。 このシリーズはちょっと長くなりますが、どうかお付き合い下さい。 次に向かったのは、花cafeさん。 静かな大人空間のカフェです。 素敵なお庭を眺めながら、ゆっくりのんびり過ごしたい場所。 行ってみると分かりますが、時間が止まっているような、不思議な感覚になる場所です。

笠間はKAWAII 「洋菓子店 パンプルティンク」

今日のてくてくは… 笠間のKAWAIIスポット、洋菓子店「パンプルティンク」さんです。 「ゆめかわいい」という言葉を最近覚えました。 夢のように可愛い♡とか、ファンシー(古い…)とか、そういった意味から出来た言葉なのでしょうか?! パステルなレインボーカラーやユニコーンがイメージのようです。 昭和に小学生時代を過ごした私にとって「ゆめかわいい」世界と言えば、サンリオのキキララのイメージ。 余談ですが… このブログは英語でも紹介される予定なのですが、この文章がどうやって自動翻訳されるのか、そちらが気になります。 ちゃんとニュアンスは伝わるのでしょうか? ぜひこのまま「YUME KAWAII」と紹介して頂きたいのですが。 (自分でやれ?) それはさておき、 看板を見ると、ゆめかわいい世界が広がり始めます♪ 中へ入ると…

笠間はKAWAII「手づくり雑貨と貸haco屋ねことひだまり」

今日のてくてくは… 「手づくり雑貨と貸haco屋ねことひだまり」さん。 ハンドメイド作品の委託販売を請け負っている雑貨屋さんです。 オーナーさんご自身も作家さん。 陶芸を始めとしたアートの街でもある笠間周辺では、クラフトイベントも多く開催されています。 個人やグループで活動しているハンドメイド作家さんも沢山いらっしゃいます。 カフェやレストランへ行くと、店内で色々な作家さんの作品が展示販売されている確率高し! 前回に引き続きご紹介する笠間のKAWAIIスポットの一つである、この「ねことひだまり」さんは、小さな空間にビッシリと可愛い作品達が並んでいます(^^)♪ なかなかイベントに足を運ぶ事が出来ない方、ここで欲しい物に出会えるかもしれませんよ^_−☆ 入口を入って直ぐ目の前に置いてあるレトロな足踏みミシン。 子どもの頃、普通に家に有りましたが、今はお洒落なディスプレーの一つとして無くてはならないアイテムなのですね!

食と土地への愛が溢れる「そば家 和味」

今日のてくてくは… 「そば家 和味(なごみ)」さん。 江戸末期から続く酒蔵「磯蔵酒造」さんを取材した帰りにこちらへ寄りました。 磯蔵酒造さんへの取材の様子は、このブログのカテゴリー「パワースポット散策」の中に詳しく有りますので、そちらもぜひご覧下さい! お店に着いたら、先ずは周辺をてくてく歩いてみます。 緑に囲まれた、豊かな自然があふれる場所です。 訪れたのは10月中旬頃。 ちょうど柿が重そうに実っている時期でした。