笠間の暮らし・文化・観光・農業 etc。
みんなで発言する、発信する、
Craft Council(クラフト・カウンシル)。

笠間の地で自分がやるべきことと、やりたいことー藤井農園・青藍 三星江利子さん

DATE:2019.11.30

NAME:ゴロリン

「友部図書館が近いので、ゆっくりお茶を飲める場所があったらいいなと思って。」図書館まで200メートルほどの場所に三星さんの経営する“ギャラリー&カフェ青藍(せいらん)”はある。青藍とは、藍染めの色合いを示す呼び方のひとつ。学生時代の専攻を生かして草木染のワークショップを開いたり、作家の作品展示や、両親の作る野菜を販売できるようなお店にしたいと実家隣に自宅兼店舗として2016年にオープンした。

「繁盛するようなお店作りというよりは、今は自分のやることをやりながらできればいいかなという感じでやっています。」というのも、高齢になる両親の介護が必要になり、代々の農家であった両親の農業を手伝いだった形から本格的に引き継ぐことに。現在は農業に費やす時間がメインとなっているようで、カフェの方を開けることがなかなか難しいそう。

農業は始めて3年。基本的に作付けから出荷まで一連の仕事をすべて三星さん一人で行う。
「本当はギャラリーの方を主体にしたかったんですけどね。」と、本音をこぼしつつも、しっかり農業と向き合う姿に力強さを感じる。
現在、ナス、わらび、ぎんなん、白菜、大根、ニンジンなど1年間で20種類程の野菜を栽培している。畑を見せてもらうと、なんと広さが約5,000㎡程あるそうで、1つの作物だけで幅60メートル程までにも渡っている。これを1人でというのだから驚きだ。
笠間市(友部)が地元の三星さんは、4年前まで埼玉に20年暮らしていた。「埼玉では生協(パルシステム)に加入して総代も勤めました。そこで扱う農作物は農薬基準のチェックが厳しく、基準値のことについて学ぶことができ、大分詳しくなりました。一人目の子どもが未熟児だったこともあり、食べるものには気を使っていたんです。あとは、子どもたちをボーイスカウトに参加させていたので、活動の一環でジャガイモを植えたり、農業の体験はよくしていましたね。だけど、商売となるとやっぱり重みが違う。」
農業は自分で判断しなければならない。作付け、収穫の量、病気でマイナスになってしまう分、畑を輪作していく大変さがわかってきたという。

「実は今年大規模な野菜の病気が出てしまって。土壌の診断も受けて肥料もパーフェクトにこなしていたのに、いざ開けてみると葉っぱが全滅でした。笠間地域農業改良普及センターに見てもらったところ、連作障害がわかり、全部やり直しになってしまいました。土壌の消毒をしなければならなくなり、農薬はなるだけ使いたくなかったので、太陽熱消毒という方法を教えていただきました。今年はあらためて農業における土の大切さを痛感しました。」
なるべく農薬を使わずに作物を育てることが三星さんのポリシーだ。初めはうまくいかないこともあったそうだが、自身が頑張ることで野菜が応えてくれるようになったという。「子どものように手をかけた分、収穫の喜びがあります。」
国産野菜にこだわるからこそ、危機を感じていることもあるようだ。
「自給率を考えると、直売所などで野菜を出荷している人は今70代の人が主なんですよ。あと5~10年もしたらできなくなってくるのが明確なんです。自分としては国産の野菜を守っていきたい。だから農業は続けていきたいです。大規模にはできないけれど、少量でいいから、多品種のものを1年間通して作っていけたら。糖度の高いニンジンが作れたら、それをジャムにしてみたいですね。」
実は第一回目から陶炎祭には何十年と通っている笠間焼ファンでもある三星さん。豆皿集めが趣味なのだそう。
「笠間焼は白い磁器と比べると、土ものの温かみがある器が多いですよね。自分が焼き物を選ぶのであれば地元のものを選びたい気持ちが強いです。」

物静かな話し方が印象的な三星さんだが、農業、カフェギャラリー経営、染織工芸(草木染が笠間市ふるさと納税返礼品登録されています)の多岐にわたる活動と、深い地元愛には“笠間人の風格”といった言葉が似合う。



ギャラリー&カフェ 青藍-せいらん-
笠間市中央二丁目3-41
TEL.0296-77-8719

位置情報

マップを拡大してみる

同じカテゴリの記事

仲間がいたから、今の自分がある。旅館文化を笠間に残したい。 - 割烹旅館 城山 女将 新名寛子さん

 笠間稲荷神社すぐ裏手に佇む「割烹旅館 城山」。旅館としての創業は昭和38年、笠間の発展と共にこの地で時を重ねてきた。  「こんな場所が笠間に残っていたんだ…」  昔ながらの旅館といった風情溢れる佇まい。笠間の旅館らしく客室や宴会場の部屋札は笠間焼で作られ、各部屋や廊下など随所に活けられた生花がぱっと場を明るく華やかにする。  笑顔で出迎えてくれるのは「城山」の三代目女将、新名寛子さんだ。  「昔は笠間も茨城も、嫌いだったんです(笑)」  気持ちが良いほどはっきりと言い切った新名さんは「城山」の一人娘。小さい頃から「いずれ旅館を継ぐのだろう」と決めつけた目で見られることに強い抵抗感を感じていた。跡継ぎになるのが嫌で、高校で笠間を出て、東京の大学に進学。バックパッカーとして海外を放浪したり、東京に戻ってからは生きがいとなる仕事に就き、順風満帆な20代を送っていた。若くて自由。これからもずっと東京で暮らしていくのだろう。笠間に戻る気は更々なかった。  30歳になる頃、二代目女将だった母親が亡くなってしまう。跡継ぎがいないからと、東京でのキャリアを捨て泣く泣く笠間に帰ってきた。戻ってからの数年間は気持ちが落ち着かなかった。東京での夢が破れて、何のビジョンもなくて、でもやるしかない。都会と笠間を比べて不貞腐れていた自分を変えてくれたのは"仲間"だったと、新名さんは熱く語ってくれた。  二代目や三代目、起業をした人など、若い商売人が繋がる笠間の青年会議所。「奉仕・修練・友情」の三信条を掲げ、自分たちで出した会費は全て地域の為に使い、まちづくりのために奮闘する。新名さんは「城山」の三代目として青年会議所に参加し、仲間と一緒にまちづくりや奉仕に携わっていくうちに考え方が大きく変わった。活動の中で郷土愛が育まれ、生まれ育った笠間に対して、自分に何ができるのかを考えるようになった。

みんなに「美味しい」と言ってもらえるのが、何よりも嬉しい ― 田村きのこ園 田村仁久郎さん

大きくて肉厚なカサに、太いジク。瑞々しくて、ずっしり重い。田村仁久郎(じんくろう)さんの作る「ジャンボしいたけ」を初めて見た人は皆驚く。 「こんなシイタケ初めて見た!」 「まずは食べてみて。食べてみないと分からないから。」 笑顔が優しい田村さんご夫妻の勧めで、目の前のストーブに大きなシイタケを並べていく。しばらくすると、白くて綺麗なヒダに水の玉がつき始め、部屋中にいい香りがたちこめる。 「まずはカサを塩で食べてみて。」 塩をふった肉厚のカサを口に含むと、じゅわっとシイタケの香りが口いっぱいに広がる。柔らかくもしっかりした食感があり、一口ごとに水分が溢れる。そこで皆、2度驚くのだ。 「こんなシイタケ初めて食べた!」 カサを楽しんだら、ジクの部分を手で割いてまたストーブで焼く。ジクは醤油で食べるのがオススメだ。噛むほどに更に濃い香りと味が広がっていく。

老舗店主が語る笠間稲荷門前通りの今。-手打ちそば 柏屋 沼田雄一郎さん

正月や春・秋のイベント時期にはたくさんの観光客で賑わう笠間稲荷門前通り。この場所で長らく商売をするそば店「柏屋」に足を運んだ。 創業90年ともなると、店が醸し出す雰囲気は何か違う。天井付近に飾られている年季の入った奉納額、お皿などの食器類がしまわれているガラス棚の模様、ひと際存在感を放つ大きなかけ時計。昭和5年建築されたという店舗は見るだけでも価値があるようなワクワクした気持ちに襲われる。 今回インタビューした沼田さんは4代目店主。大学を卒業後、実家が営むそば屋で修行をはじめた。店に立つようになった20代前半の頃のこんなエピソードを語ってくれた。

アートの息づかいに気付く森

ときどき笠間芸術の森公園管理人のつぶやき... 日差しの中、芸術の森公園内の広い芝生を渡って 森林の緑豊かな小道を歩いていくと ところどころで不思議な存在に出会う。 !?... 圧倒的な存在感。 ただただ見つめながら近づいてしまう。。。 季節の花や木々の新緑も美しいのだが、 意識を向ければ、そこかしこに作品がある。 静かなそれらの存在を見つけて歩くのもとても趣がある。 改めてここは芸術の森であったと... アーティストの森であったと、誇らしい気持ちになる。