笠間の暮らし・文化・観光・農業 etc。
みんなで発言する、発信する、
Craft Council(クラフト・カウンシル)。

畏敬の念を感じさせつつ、どこかとぼけた“いきもの”たち ― 「工房火の玉発動機」工房長 田崎太郎氏

DATE:2019.11.25

NAME:オリベル

 クリっとした目に丸みのあるフォルム、とぼけた表情が愛らしくも、描かれた文様や細部をまじまじと眺めていると、なんだか畏敬の念も感じるような…唯一無二の世界観を持つ田崎さんの作品は、2012年の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や日本最大のアートの見本市「アートフェア東京」、銀座三越などに出展され、現代アートとしての評価も高く、展示会をすれば完売する人気ぶりだ。展示会で出品する作品は全て手びねりで一品もの。人間の文明を寓意的に表現した『ペンギン種族』、狛犬からヒントを得たオリジナル作品の『仔猫神』や『龍神』など、自身は「工房火の玉発動機」の工房長として、そんな不思議な“いきもの”たちに日々命を吹き込んでいる。

 田崎さんは福岡県出身。小さな頃から芸術が好きだったという。高校生の頃に一度は芸術を諦めるも、神奈川でサラリーマンをやりながら独学で公募展に出した作品が入選。30歳を前に自分のやりたいことをやろうと28歳で会社を辞め、陶芸家の道へと進んだ。

「脱サラして沖縄に行った時に、シーサーを作っている陶芸家たちがとても楽しそうだったんです。自分もそんな風に生きたいと思いました。」

 東京に近く、市場があり、自由な風潮であるという理由から、修行の地に笠間を選んだ。初めは窯元に入り、30歳で独立。後の【メカオブジェ】シリーズなどは、最初は全く売れなかったが、売れる作品より自分が作りたい物を、という想いで制作し続けていた。転機となったのは独立して7年後の2008年。陶芸雑誌で大きく特集を組まれたことで、作家として認められ、地位が確立したと感じたという。

 作家としての地位が確立し始めると、ただ好きなものを作るだけではなく、一本柱となるストーリー展開をしていきたいと思うようになった。覚醒した頭の中で繰り広げられる物語はこうだ…

― 主人公は南極に住むペンギンたち。環境破壊が進み、オゾン層の穴が広がり、ペンギンたちは南極に住み続けられなくなってしまった。そこで12種族いるペンギンたちは新しい国を見つけるために北上を始める。旅を続けながら、ペンギンたちは知能や技術を身につけ、モノを作ることに目覚める。銅を武器に、鉄を刀に、飛行機は旅客機から戦闘機に、船は客船から軍艦に、そうやって文明を築いていく。まるで人間がそうだったように。ペンギンたちの旅はまだまだ終わらず、ストーリーはずっと続いている。旅の途中で出会った龍神や狛犬も、また別のストーリーへと広がっていく。 ―
 主人公のペンギンの背中には、「左目」がある。「左目」というのは「真実の目」であり神聖なもの。とぼけた顔をしていても、実は真実の目で全てを見通しているのだ。ペンギンたちの潜在的な目標は「空を飛ぶこと」。そこで、試行錯誤を続けながら戦闘機を開発する。つまり、田崎さんの作品の「メカオブジェ」は、物語の中ではペンギンたちによる創造物なのだ。

 ペンギンたちの理想の国を目指す旅を主軸に、田崎さんの作品一つ一つには全てストーリーがある。中には文明が発達することで生まれる矛盾や、時代を風刺するものもある。田﨑さんの作品の特徴は、そんな「意味深さ」を内包しつつ、ストーリーに盛り込まれたプッと笑えるユーモアと、なんといっても作品の可愛らしさだ。
 「生きているようだ」と評される田崎さんの生む作品たち。特徴的な目は釉薬を使い、独自の技法で潤んでいるようなリアルさを追求している。
「“買われていく”というよりも“ご主人様のところで、魔除けや福を招く任務に就く”という感じ。」
 そう語る田崎さん自身も、作品を撮影するファインダー越しに、ドキッとする瞬間があるのだとか。

 作品に描かる不思議な文様のルーツは古代文明から。子どもの頃からマヤ文明やインカ文明、古代エジプト、古代日本史などが大好きだった。それは作品の文様だけでなく、その形やストーリーにも影響している。
「陶器は何千年も残るでしょ。いつか今の文明が終わった後に、自分の作品が発掘されていることを想像するんです。自分のお客さんのところでも発見されるから、未来の考古学者が王国があったのではないかと考えたりね。未来の博物館で展覧会が開かれたらと想像すると、面白いよね。」
 「伝えたいことがいっぱいある」という田崎さんの展示会は、いつも賑やかなのだとか。作品を眺めるだけではなく、その作品一つ一つが生まれたストーリーやその後の展開を田崎さんが説明すると、目の前に物語の世界が広がり、作品が更に生き生きと生命を帯びて感じられる。「展示会に来てくれるファンをギャフンと言わせること」にも力を入れている。プロペラ機から始めたペンギンが、ついに垂直上昇する戦闘機を開発していたり…毎回少しずつ進化を遂げているのだ。

 笠間市が台湾との友好関係を結ぶ中、台湾での展示会も決まり、田崎作品の海外進出が目前に控えている。世界中の人に、作品のストーリーも届けたいという。
「ペンギンの12種族が色んな方向から北上して、龍神様や狛犬など色々なスピンオフの物語があって、いずれ全てが北極点で集合するんです。どんなに面白い結末にまとまるのか…まだ分かりませんけどね。」
 田崎作品のストーリーはまだまだ、続いていく…



田崎作品の物語は、Facebookでも覗いてみてね。
●Facebook
https://www.facebook.com/tarou.tasaki.9

●ホームページ
https://hinotamaworks.jimdofree.com/

●メールアドレス
hinotamahinotamataro@yahoo.co.jp

※工房の一般公開はしていません。

同じカテゴリの記事

『堤綾子展』笠間初の女流陶芸家 ~炎とともに半世紀~

炎とともに、土への思い半世紀… 『堤綾子展』に寄せて 近年の笠間は女性陶芸家の活躍が目立つようになりました。 現在NHKでは信楽初の女流陶芸家と言われた神山清子さんがモデルとなったスカーレットが放映中ですが、笠間で初の女流陶芸家となった堤綾子さんをここに紹介したく、きらら館様のご協力を得て、展覧会の運びとなりました。

学生時代、弟子時代に下積み時代…縁が縁を呼んで今がある ― つばめ窯 高橋協子さん

笠間市岩間地区、十三天狗の伝説が残る愛宕山のふもとに、高橋協子さんの工房「つばめ窯」はある。高橋さんが現在取り組む作品は、民話から飛び出した狐や天狗…どれも柔らかいまなざしで、優しく迎えてくれているようだった。 高橋さんの出身は神奈川県。ものづくりが好きで小学生の頃から何かの職人になるのが夢だった。あまり学校に馴染めなかった中学時代、先生のすすめもあって、美術コースのある神奈川県立弥栄東高校(現:弥栄高校)に進む。美大の工芸科をめざすべく、美術コースではデザイン専攻を選ぶが、立体が好きで放課後や夏休みには工芸室を借りて自主的に彫塑(粘土で作る立体デッサン)をしたりしていた。歴史研究部に所属し、高校2年生のときに縄文土器作りを学び、土で形を作る喜び、野焼きを通じて土が焼けていく不思議さと面白さに惹かれていった。武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン科に進学し、短い学校生活の中でもできるだけ沢山の素材にふれたいと専攻は木工を選び、陶芸サークルで土をいじっていた。高校時代から惹かれていた土器作りも続け、OBの指導を受けながら先輩と共に穴窯も作った。そんな頃、偶然見つけた陶芸の雑誌で堤綾子先生を知った。 笠間初の女性陶芸家で、まさに縄文土器のような迫力のある作品。すぐに見学をさせてほしいと電話をかけた。それが笠間に来るきっかけとなった。 見学の直前、先生の家が火事で燃えてしまうという災難があったが、工房は焼け残っているから遠慮なくおいでなさい、という先生の一言で工房を訪ね、夜に一緒にお酒を飲みながら、縄文土器の話で盛り上がった。その後、先生から毛筆の手紙が届く。「火事でたくさんのものを失ったけれど、62歳の新しいスタートを貴女と一緒に歩みたい」 堤先生の元で、住み込みの内弟子生活が始まった。 初日の朝、言われたことは、「私は40歳から焼物を始めた。だからまだまだ素人です。あなたの仕事はそんな私の足りないところをみつけ、助けることなんです。」 手探りの弟子生活。仕事日誌をつけ、過去の仕事ノートを見比べながら仕事を覚えた。主な仕事は土づくりや作品づくりの下準備、窯たき準備、食事の支度、雑用。食器はほぼ作ることはなく、制作補助も花器やオブジェだった。

笠間焼陶芸家インタビュー:酒井芳樹さん

笠間市手越の「陶の里」。日本の原風景とも言える自然が息づく里山で、数軒佇む工房の一つが酒井さんの構える樹窯だ。 「このあたりはもともと近くのお寺の地所だったんです。3人の子どもに恵まれ、以前やっていた場所が狭くなってしまったので、広いところへ行きたいということになって。この場所がとても気に入ったので、お寺にお願いして受け入れてもらったんです。」 この地で作陶を続けて約40年。酒井さんは自身の作風についてこう語る。「焼き物をやっていると、自分の作風の壁に必ずぶち当たる時がくる。私は好きなものや憧れるものを作るうち、自分の作風を見つけられたように思います。」笠間焼には特に“こうでなければならない”といった決まりのようなものがなく、作陶の自由度が高いそう。備前や信楽で作陶をしていた人が笠間へやってきて窯を構えているケースもあるのだとか。「昔からここは各地から色んな人がやってきて暮らしています。元々いた人がそうしてきたからなのか、穏やかで外から来た人を受け入れてくれる。人も魅力ですね。」

空想の中で広がる物語をカタチに-美術家:伊藤遠平さん

私たちが普段何気なく目にしている生き物といったら犬やネコといったペットたちだろうか。人に飼われている彼らは人と同じ場所で暮らす。だが、本来生き物たちには住む環境、世界がある。森に住む鳥や小動物たち。海に住む魚たち。これらに息を吹き込み、独自の世界観で物語と作品を生み出している美術家の伊藤さんにお話を伺った。 「空想の中で自然を舞台とした物語を考え、絵画や立体化して表現しています。生まれた時から森に囲まれた環境で育ったので、色んな生き物たちと出会うことが多くて。ここに住んでいるこんな子たちが、こうだったら面白いだろうな、という想像を膨らませて作品作りをしています。」